トップ  >  行事報告  >  2017  >  第5回岡山市北部地域病診医介連携ネットワーク 及び済生会・救急隊との症例検討会

第5回岡山市北部地域病診医介連携ネットワーク 及び済生会・救急隊との症例検討会

日時 平成30年1月27日 14:00〜17:00

場所 岡山済生会総合病院 管理棟4階さいゆうホール
 

参加  計169名 .

消防士24名、病院・診療所・施設等の医療・介護関係者、県・市
御津)大橋、森脇、駒越、難波経豊、 事務局・岡田
 
 
進行 四木 和之 
開会挨拶(14:00)       御津医師会     会長   大橋   基
幹事病院挨拶          岡山済生会総合病院 院長  山本 和秀
 
講 演(14:05)
『なにが問題なのか』      御津医師会     会長   大橋   基
検討会(14:25)
テーマ  『在宅・介護施設から救急病院への救急搬送のあり方』
 
司会    御津医師会     担当理事  森脇 和久
      岡山済生会総合病院 救急科医長  稲葉 基高
 
・症例あるいは問題提起の説明(14:30)
,かりつけ医、在宅・介護施設等の立場から   
                そんぽの家 津高  管理者 石田 知美
救急隊員の立場から      岡山市北消防署  消防士 赤木 啓純
5澣淺賊ヾ埜郢佞領場から   岡山済生会総合病院看護師 矢原 恵子
                
・グループワーク討議及び発表 15:00)
『在宅・介護施設から救急病院への救急搬送の問題点』(50分)
・グループワーク討議及び発表◆16:00)
『在宅・介護施設から救急病院への救急搬送の問題点の解決策』(50分)
 ・行政・消防隊員の取り組み
 ・医師会の取り組み
 ・病院の取り組み
 ・在宅・施設で取り組み
 
・まとめ(16:50)      岡山済生会総合病院 副院長 大澤 俊哉
閉会挨拶(17:00)              
 
 
多くの職種が一堂に介し、それぞれの立場の話がうかがえ有意義な時間となった。
実際に取り組んでいる施設のモデルを、とりあえず使ってみようという提案がなされた。
 
共通用紙は下記をクリックしてください。
実際に使ってみてご感想をいただけると幸いです。
 

投稿日時: 2018年03月22日 (131 ヒット)

印刷用ページ このニュースを友達に送る



TOPへ

サイトマップ