2009年02月 巻頭言

御津医師会会長 菅波 茂

御津医師会ホームページの拡充を最優先事項として整備したく思っ ています。目的は三つあります。

  • 一つは御津医師会の使命と役割の発信(医療現場を守る相互扶助プ ログラム等)です。
  • 二つはこれにもとづいた体制と活動報告です。
  • 三つは会員のための情報共有です。

御津医師会は活動方針等を多数決で決定する組織です。多数決で運 営される組織の健全さには前提として三つの条件が必要です。

  • 一つは情報の共有による連帯感の創出です。
  • 二つは政・経分離統合の固守です(役得防止です)。
  • 三つが少数者に対する配慮です。

特に、医師会としての情報共有による連帯感の創出のためには、組 織運営に責任のある理事全員が外部情報のみならず、他の理事の活動 と判断を瞬時に共有することが不可欠です。このことはIT技術を応用 したホームページなくしては不可能です。

IT技術が革命的に進歩した現状における組織の信頼性はホームペー ジにあると言っても過言ではありません。組織のメンバーの組織外に おける言動の確認はホームページに根拠を求められます。ホームペー ジに根拠の無い言動は個人的な言動として扱われます。組織的有言実 行の時代です。

日本医師会をトップとする従来の縦のヒエラルキーに加えて、全国 の地区医師会がホームページを通して横のネットワークを形成する地 方連携の時代の足音が聞こえる気がしていけません。

投稿日時: 2009-02-27 20:55:13 (901 ヒット)


« 1 ... 119 120 121 (122) 123 124 125 ... 130 »

これまでの巻頭言 2011年度


これまでの巻頭言 2010年度


過去の巻頭言




TOPへ

サイトマップ